あらい屋製麺所

製麺所四代目

遠藤 雄一 
えんどう ゆういち

創業100年を越える老舗、あらい屋製麺所4代目。大学卒業後、問屋修行を経て実家の製麺所に入社。25歳で専務に就いた後、営業から仕入れ、製造までを担当。新商品開発も積極的に行い同社代表に。中学の頃から続けているソフトテニスではインターハイ出場経験あり。現在、福島県ソフトテニス連盟副会長。

#57
遠藤 雄一 
商品を見る

初代・製麺技能士

製麺技能士、そうそう、資格ができて第ー回目の時に受けたんだね

筆記のほかに実技もあって、粉が出てきて「これは何でしょうか?」とか「こういう条件で麺をつくってください」とか

麺屋を借りて、そこの製麺機で実際につくるんですよ、自分が普段使ってる機械じゃないから勝手が違って、難しかったね

チューレンポウトウは
やっぱすごいよね

大学時代はテニスとバイト。あと一番やったのはマージャンだね

365日中、320日とか、そのぐらい毎日やったね、はははは

あの頃はみんなやってたんだ。役満はスーアンコウ、ダイサンゲン、チューレンポウトウだいたい何でも上がったことある、だって毎日やってんだから。でも、チューレンポウトウはやっぱすごいよね!

この金庫の中身は…

平成2年にこの事務所ができて、旧工場から持ってきた金庫です

運ぶのも大変ですよ、これ。でも運送会社さんにはいろいろ運ぶノウハウがあるんだね

中にはお金がたくさん入って...ない!はははは、書類が入ってるだけです

真っ黒スープの郡山ブラック

これは最近開発した商品で

郡山に五~六店舗、真っ黒いスープのラーメン

出してるところがあって「郡山ブラック」って

呼ばれてんですよ


その中で一番有名なのが「ますや」さんで

創業明治元年っていうことで、超老舗なんです


そのますやさんの麺をうちの乾麺で再現したんです

これが最近のヒット商品

私も好きでね、うまいですよ、ははは

龍宮城のポイントカード

事務所から近い所にあるんですけど

「龍宮城」って中華屋、おすすめで

私もお昼食べにいきますね


あそこのランチがリーズナブルっつうか

半ラーメンにおかずを選んで、

ご飯と、あともう一品ついてくる


ポイントカードがあって、

十個はんこを押してもらうと

サービス券もらえるんだけど

今、サービス券一枚持ってます、ははは

04:30
起床
05:00
ソフトテニス
※牡丹台テニスコートで
06:30
帰宅、シャワー
07:00
出社
08:15
朝礼、商談
12:00
昼食
13:00
接客、商談
17:00
動画で情報收集
※虎ノ門ニュース八時入りを見る
18:45
終業
19:00
帰宅
19:10
夕食
※晩酌 焼酎の水割りが多い
20:00
お風呂
21:00
就寝
ある一日のスケジュール
One day's schedule

一〇〇年前の

乾麺ブームに乗って

一〇〇年前の

乾麺ブームに乗って

大正十年創業なので百年になりました

創業はひいおじいですね

その頃、乾麺屋がブームっつうか

同じ時期に創業した乾麺屋さん多いんですよ


でも年々、みんな廃業しちゃって

郡山市内で乾麺やってるとこ、今、二社しかないです

そうめん、ひやむぎからうどん、きしめん、そば

あと、中華もあるか。乾麺でできるものは

ほぼラインナップしてます

JR貨物車両の倉庫

JR貨物車両の倉庫

乾麺はある意味、乾燥室の大きさが

製造能力の限界なんだね

だからスペースを確保しなきゃなんない


こっちはね乾麺の倉庫にしてます、外を保管場所にして

有効活用しようってことで

鍵あけてみましょう


このコンテナはね、JRのを売ってるんですよ

光が当たらないし雨風防げるし

サイズがちょうどいいです、ええ

ソフトテニス連盟副会長

ソフトテニス連盟副会長

高校時代はインターハイに出て

大学時代も体育会でソフトテニスやって

その後も続けてたんだけど


福島国体の時にね国体強化選手と試合することがあって

向こうは二十五歳くらい、こっちは三十代後半で

こてんぱんにやられちゃったのね

それで、もう俺の時代は終わったっつって十年くらいやめてた


でも、最近再開してね、今は高校生に教えたり

福島県ソフトテニス連盟の一応、副会長やったりしてます

長男が継ぐもんだと

思ってたけど

長男が継ぐもんだと

思ってたけど

三人子どもがいて男、男、男

継いでもらわないと困るというのはありましたけどね

長男、次男が医者になりやがったのね


で、三男がうちの会社入ってくれて三年目かな

どうだろう、三男も「しょうがねえ、やんなきゃなんねえか」

って、そういう雰囲気かな?

まあ嬉しいけどね


時代は変わりましたね

私の頃は長男が継ぐもんだっていう雰囲気でしたけど

二枚看板
長命そばと仙境うどん

うちの看板商品は長命そばと、この仙境うどん

稲庭うどんって、私、好きなんですよ。うまいと思うんです

あれは手延べのために、値段うんと高いでしょう?1把450円、500円

あれと同じ味を乾麺で安価につくるにはどうやったらいいか、って研究したんです

だから、味は稲庭うどんに近い

二枚看板

長命そばと仙境うどん

テニスコート併設
須賀川牡丹園

ここの牡丹園にはうちの商品置いてもらってるんですよ

須賀川はね、この牡丹が有名で。このキャラクターも牡丹だねえ

裏っかわにテニスコートがあるから、よく来るところです

テニスコート併設

須賀川牡丹園

「ラーメンの鬼」に勝った伝説のラーメン

平成10年頃かなぁ、私ら麺仲間で

郡山のラーメンが停滞してるから、何かやろうってことで。久留米市ってとんこつ発祥の地なんだけども、そこが郡山と姉妹都市だったんです。で、一緒にとんこつスープ開発して

「郡山とんこつ」って名前で、郡山の飲食店80店舗くらいで出されるようになったんです

その後、久留米でラーメンのイベントがあって、呼ばれたんですけど、久留米、北海道、郡山とあと「ラーメンの鬼」っていわれた佐野実さんのお店が出てて

2日間、1日500食限定なんだけど、2日とも私らが一番最初に売り抜けた!佐野実に勝った!

でも実は私らが持ってた、ゆで麺機の性能が良くて「郡山はすぐ食べられますよ」っていうので売れたんですよ、はっはっはっ、これが裏話です



母とふたり
二人三脚でした

大学卒業して食品問屋で修行したんです

乾物を扱ってて船橋市場の場外にあるお店に配属されて、市場に来た人が帰りに仕入れていくみたいなお店でした

寮生活でね市場だから翌朝早くてね

継がなきゃなんねえって、そういう意識は、もう小さい頃からあったですからね

2年くらいして帰って一応営業やってました

ところが3年後に父親が脳溢血で亡くなっちゃったんですよ、いきなり

そこからどうすんだ?ってなって

それで、若干25歳の私が専務になって

母親が社長で、二人三脚で何とかして

つくる方と売る方と、あと仕入れ、支払いまあ、そういうのを一つずつ覚えていったんです

遠藤家名物サバうどん

うちは昼に麺を結構食べますね

一番簡単なのは、乾麺をゆでて、鍋ごと食卓にドンッと置くんです

で、サバの缶詰開けて、ネギ切って器に入れて、

それに釜揚げのうどんを入れて、七味と醤油かけて、サバの身をつぶして食べる。これ、一番簡単でおいしい食べ方ですよ

毎朝5時からテニス

仕事引退した方とか朝5時にはコートに来てる、毎日来る人いんのね

だから一人で行ってもテニスできるんです

高校でインターハイ行った時は、練習やり足んなくて、午後から別の高校行って練習したり。それぐらい好きだった

やっぱそのぐらい努力すれば、それなりになるんだな

田園調布でジンギスカン

大学時代は田園調布に住んでました、一軒家に

親戚のうちがあって、誰も住んでなくて、よかったっすよ

庭でね、友達集めてジンギスカンやったり、私が好きだったんですね、わざわざジンギスカン鍋買ってきて

人生の中で一番楽しかったのは、あの4年間だよ

プロフィール

あらい屋製麺所/製麺所四代目

遠藤 雄一(えんどう ゆういち)

創業100年を越える老舗、あらい屋製麺所4代目。

大学卒業後、問屋修行を経て実家の製麺所に入社。

25歳で専務に就いた後、営業から仕入れ、製造までを担当。

新商品開発も積極的に行い同社代表に。

中学の頃から続けているソフトテニスではインターハイ出場経験あり。

現在、福島県ソフトテニス連盟副会長。

遠藤 雄一 さんの商品(件)

福島の三大ラーメン詰合せセット

通常価格
¥4,240(税込み、配送料込み)
通常価格
(税込み、配送料込み)
販売価格
¥4,240(税込み、配送料込み)

福島の主たるラーメン3種類を詰め合わせました。
【郡山とんこつラーメン】姉妹都市久留米市と連携して始まった町おこしラーメンです。
とんこつ臭は控えめで、コクは濃厚なとんこつ醤油味のラーメンです。
【喜多方ラーメン】独特な太めの平打ち麺で、さっぱりとしたスープの隠し味にかつおだしを使用しています。
【白河ラーメン】麺線は喜多方ラーメンほど太くない中太麺でコクのあるスープが特徴です。

◯内容量

めん/喜多方ラーメン120g×4、白河ラーメン120g×4、郡山ラーメン120g×4 スープ/喜多方ラーメンスープ32g×4、白河ラーメンスープ34g×4。郡山とんこつスープ33g×4 メンマ/80g×3

◯お届けまでの目安

ご注文から2日間程度

◯お届け方法

常温便

◯お召し上がり方

喜多方ラーメン2.5分、白河ラーメン2分、郡山ラーメン1.5分ゆで、スープは300ccの熱湯で割ってお召し上がりください。

◯7大アレルゲン

小麦、乳

◯賞味期限

製造日より60日

カートに入れる

郡山ブラックますや本店中華そば

通常価格
¥4,888(税込み、配送料込み)
通常価格
(税込み、配送料込み)
販売価格
¥4,888(税込み、配送料込み)
創業明治元年のますや本店の中華そばを乾麺で作りました。
深いコクとキレのあるスープ。ストレートの中太麺。これが創業明治元年からの歴史で培われた味後世に残したい味として現在も黒醬油味「伝」として繋いでいる2食入りが12束入っています。

◯内容量

めん/90g×2 スープ42g×2 12束入り

◯お届けまでの目安

ご注文から2日間程度

◯お届け方法

常温便

◯お召し上がり方

①麺は1ℓの熱湯で5分ゆでます。 ②スープは300ccの熱湯で割ってください。 ③麺がゆであがったら、手早く湯を切りスープの入った丼に移し、ねぎ、チャーシュー、海苔などお好みの具をのせ、熱いうちにお召し上がりください。

◯7大アレルゲン

小麦

◯賞味期限

製造日より365日

カートに入れる