土っ子田島farm

農家と食品加工

湯田 浩和
ゆだ ひろかず

南会津に続く農家の11代目。農業に従事する傍ら、ジュース、ジャムの加工事業を立ち上げる。委託加工のほか、会津産の果物を使ったオリジナルのジュース、ジャム、手づくり味噌などを製造販売している。幼少期からスキーが得意で国体出場経験を持つ。

お客さんの要望聞いてたら
いろいろできるようになってた

リンゴは果物の中で比較的加工しやすいほうなんですよ

だからリンゴの加工場って結構多いんですけど、一つの所で桃とかブルーベリーとかいろんなのをやるっていうのはないんですよ

うちはお客さんの要望聞きながらやってたら、結果いろんな果物の加工ができるようになって、それが良かったのかなって思います

じいちゃんとスキー場

うちのじいちゃんスキー場に勤めてて

朝4時半くらい、半分寝てるような状態でスキー場連れてってもらって

朝の5時からナイターで9時ぐらいまで、狂ったように滑ってましたね

お陰でスキーうまくなって。大会でメダル獲って帰ってくると1番喜ぶんですよね、じいちゃんが

そういうのの積み重ねで家族が大事に思えて、帰ってこようかなって

これです、これこれ
マッサージ機

朝ごはん食べて、マッサージ機、昼ごはん食べて、マッサージ機、晩ごはん食べて、マッサージ機。要所要所でマッサージ機使ってます

これほんと大事なんですよ。これやんないと背中いっちゃうので

つぎはぎで拡張して

土地いっぱいまできた

最初やってたときはコンパクトだったんですけど

やってくとどんどんどんどん手狭になっちゃって

つぎはぎで足して足して足して・・・って


ほらここ継ぎ目です


でもう土地がないので

フルのところまで来たんで

あとはこの後ろの土地を買って

伸ばすしかないなって感じなんですけど

なかなか難しそうです・・・

自分で言うのもアレですけど

このジュースおいしいですね

ここはji-mamaってカフェで

いい雰囲気ですよね、お世話になってるんです

うちのジュースを出してくれてて


このリンゴジュース、おいしいですね

自分で言うのもアレですけど


これはジョナゴールドっていう

フジとかが出回る前の酸味のきいたリンゴなんですよ

地元会津で収穫したリンゴです

4:00
起床
4:30
畑作業
※アスパラ収穫・選別
5:00
ジュース・ジャム加工
※プレス・濾過など
7:00
朝食・マッサージ機
8:00
ジュース・ジャム加工
※殺菌、打栓、冷却など
12:00
昼食・マッサージ機
13:00
再びジュース・ジャム加工
15:00
検品・出荷
17:00
畑作業・機械の修繕
19:00
夕食・マッサージ機
20:00
入浴、子どもの宿題
21:30
就寝
ある一日のスケジュール
One day's schedule

うちの妹がね

土っ子って名前つけたんです

うちの妹がね

土っ子って名前つけたんです

どういう屋号で売っていくかっていう時に

うちの妹が「土っ子でいいんじゃない?」なんて言って


植物っていうのは土から芽を出して育っていくじゃないですか、

土の力を使って、まあそれを食べて、

我々の体ってのはできていくので

みんな土の子供なんだから「土っ子」にしようっていうことで


先祖代々農業で、私で11代目なんです

その時代によって農作物変わってきましたけど、

長くやってますね

ミニトマトのジュース

あんま飲んだことないでしょう

ミニトマトのジュース

あんま飲んだことないでしょう

これはミニトマトジュース用のミニトマトになります

ジュースつくるのは大きいトマトでつくる方が楽なんですけど

これは甘みも強いんでジュースにすると美味しくなるんですよ


試飲とかしてもらう時に、

最初にこう大玉のトマトジュースを

飲んでもらって「美味しい~」みたいな話しして


じゃあこれも飲んでみてくださいって言って

ミニトマトのジュース飲むと

「うわ、何これ!」って感動していただいて

で、大体それを買ってくれるっていう

インターハイにも勝る腕前です

インターハイにも勝る腕前です

私スポーツ好きなんですよ

アルペンスキーとか、インターハイとか、全中とか出たり、

国体も出たりしてるんですけど、

それにも勝る腕前だったのが、魚捕り


この川毎日通って、

イワナとかヤマメとかが泳いでるんで

水眼鏡とモリ持って、夏になると毎日魚捕り

眼鏡が曇らないようによもぎの葉っぱを取って

汁をシャバシャバとやって、くもり止めして


毎日のように行ってましたね

魚捕りは本当に、相当うまかったですね

適地適作
トルコギキョウ

うちの両親はトルコギキョウっていう花つくってるトップ生産者で

気候的に合ってるんです、花をつくるのに。農業やる上でそれって一番大事なところで

今全国どこに行ったって、良いものあるじゃないですか

適地適作で土地に合ったものをつくって、他と比べて優位性あるっていうのをやってかないと

トルコギキョウなんかは会津は最適な産地で、綺麗な花だったり花持ちの良いのができます

適地適作

トルコギキョウ

バナナ腐らせて
ぶら下げておくんですよ

長男が今カブトムシ採るのが好きで、

バナナとか腐らせて網にぶら下げて雑木林に置いとくとカブトムシが来るんですよ

罠一緒に仕掛けて朝採りに行く

さっきスケボー乗ってたのが長男なんですけど

この入選の絵は父の日に描いてくれて、下の方にうちの商品まで描いてて

バナナ腐らせて

ぶら下げておくんですよ

見切り発車で
ジャムとジュース

実家に戻ってくる時に、親と同じ仕事っていうのもヤダって話で、何かこう自分でやることがあればっていうことで

この辺で加工場って少ないし。じゃあ、やってみようかな、でスタートしたんです

ジュースとかジャムとか1回もつくったことなかったんですよ。だけど始めたんです

見切り発車ですね

教えてくれるところないので、ほぼ独学です。中古品の設備を買って自分で改造したりして

3年ぐらいするとぽつらぽつらうちのジュースつくって、っていう依頼がきて

受託加工がだんだん増え始めて3、4年ぐらい前からはそれがぐんと増えてきて

実際に軌道に乗ってっていうのはここ5、6年ですね

評価は気になる

フレッシュな方が美味しいジュースの場合は加熱時間が短い方がいいんですよ

でも、こういうトマトなんかは1回煮て、煮崩して、裏ごししてっていう風に、熱を加えないとできないので、やっぱ素材の味が大事ですよね

理想的な味はなかなかできないですよ

飲む人にとっては、いや美味しいじゃん、ってなるんですけど、そこは製造者のこだわりで、いやちょっとこれ違うなあと

うまくいかないなっていうのばっかり、ばっちり自分の理想通りっていうのはなかなかなくて

いつもやっぱ気になりますね

お客さんの口コミとか評価とか、まぁ、自分から進んでは見ないですけど…怖いので(笑)

たまに機会があって見ると、良かった星5つだ、とか思いますけど。「美味しくない」とか書かれてたらどうしよう、と思いますしね

やり甲斐?ハンパないです

年間400件ほど委託加工のお仕事を頂くんですけど

同じ状態の果物はないんです。りんご、もも、ブドウ、梨、ブルーベリー、トマト、種類ごとに搾り方は違ってくるし、瓶詰の温度も変わってくる。甘みも酸化のスピードも産地によって変わるんで、毎回真剣勝負なんですよ

未だに覚えてます
デスクに置かれたスペイン語の本

前は発電所をつくってる会社に勤めてて、海外赴任も多かったんですね

いまだに覚えてますけど、デスクに戻ってきたら「優しいスペイン語講座」の本が置かれてあって(笑) 

課長に何ですか?これって言ったら「ああ、湯田、お前チリ行くんだよ~」とかって言われて

3日悩んで結局行くことにして、チリに2年ぐらいいました

気候は人間の力では変えられない

気候は人間の力をどう使ったって変えれないので

どんだけ資金があっても気候変えるってできないじゃないですか、そこが最大の強みですね

ここの気候はアスパラの栽培に適してて、気候的には北海道の南側の暖かいところとそんなに差がないんですよ。寒暖差だったりとか。北海道のと比べても全然遜色ないぐらいのアスパラができるんです

明日は4時30分?よっしゃあ!

今日も朝4時から絞り始めてたんですよ

近所の先輩後輩も手伝ってくれて4時からスタートするんですけど

だんだんみんな感覚がおかしくなってくるじゃないですか

4時がずっと続いて明日4時半でお願いしますって言うと

あーよっしゃ!みたいな

体力的にも結構きつい仕事なんです

プロフィール

土っ子田島farm / 農家と食品加工

湯田 浩和(ゆだ ひろかず)

南会津に続く農家の11代目。

農業に従事する傍ら、ジュース、ジャムの加工事業を立ち上げる。

委託加工のほか、会津産の果物を使ったオリジナルのジュース、

ジャム、手づくり味噌などを製造販売している。

幼少期からスキーが得意で国体出場経験を持つ。

湯田 浩和さんの商品(件)

あやこがね味噌2kgと南会津産ひとめぼれ5kgのセット

通常価格
¥4,500(税込み、配送料込み)
通常価格
(税込み、配送料込み)
販売価格
¥4,500(税込み、配送料込み)
土っ子のお味噌は手作り・無添加はもちろん、地元会津の素材にこだわって丁寧に仕込んでいます。
大豆を煮るための薪は地元の山から切り出し、薪を割り、じっくりまろやかな火で大豆を煮ます。自家製の新米ひとめぼれで作る甘みの強い米麹と、旨み成分が豊富な「赤穂の天塩」と混ぜ合わせ、仕込んだ味噌は築150年の蔵で1年熟成させています。あやこがね味噌は、南会津の学校給食でも使用されている信頼の生みそです。南会津の風土が織りなす美味しいひとめぼれは、通年米専用の保冷庫にて品質管理をし、発送の前日に精米したものをお送りいたします。

◯内容量

セット内容/南会津産ひとめぼれ(精米)5kg、あやこがね味噌1kg×2)

◯お届けまでの目安

ご注文から3日程度

◯賞味期限

製造日より90日

ご注意点

  • 発酵を止めていない生みそのため、夏場や室温が高いところではガスが発生しパッケージが膨張します。到着後、別の容器に移し替えて頂いて冷暗所に保存をお願いいたします。また、室温の高い場所ですと発酵が進み、色がだんだん濃くなり熟成が進みます。冷暗所にて保管していただければより一層おいしさが長持ちいたします。お米は専用の米びつ等に移し替えて保管ください。
カートに入れる

会津・ふくしまの恵みジュースギフト200ml×10本入

通常価格
¥4,500(税込み、配送料込み)
通常価格
(税込み、配送料込み)
販売価格
¥4,500(税込み、配送料込み)
自社製造のジュースの詰め合わせセットになります。
全7種類の中からのおまかせのセットになります。時期や在庫状況により中身は変動致しますのでご了承ください。
素材に、産地に、おいしさにこだわったオリジナルジュースギフトです。会津・福島のお土産として、大切なあの方への贈り物として是非ご利用ください。

◯内容量

セット内容/会津100%りんごジュース、あかつき100%ももジュース、会津高田梅ジュース、南会津の100%秋トマトジュース、南会津の100%ミニトマトジュース、山ぶどうジュース、会津高田梅&しそジュース…この中からのおまかせ10本セットになります。

◯お届けまでの目安

ご注文から3日程度

◯お召し上がり方

ジュースはよく冷やしてお召し上がりください。

◯賞味期限

製造日より365日

ご注意点

  • ファームおまかせのジュースギフトとなります。季節により中身に変動がございます。
カートに入れる

会津・ふくしまの恵みジュース・ジャムギフト200ml×おまかせ8本と手作りジャム2本入り

通常価格
¥5,500(税込み、配送料込み)
通常価格
(税込み、配送料込み)
販売価格
¥5,500(税込み、配送料込み)
自社製造のジュース・ジャムの詰め合わせセット(合計10本)
ジュースは全7種類の中からの8本おまかせのセットになります。時期や在庫状況により中身は変動致しますのでご了承ください。
素材に、産地に、おいしさにこだわったオリジナルジュース8本とジャム2本入りのおまかせギフトです。会津・福島のお土産として、大切なあの方への贈り物として是非ご利用ください。

◯内容量

セット内容/会津100%りんごジュース、あかつき100%ももジュース、会津高田梅ジュース、南会津の100%秋トマトジュース、南会津の100%ミニトマトジュース、山ぶどうジュース、会津高田梅&しそジュース…この中からのおまかせ8本セットになります。ジャムはりんごのジャム、ミニトマトのジャムが2本入ります。(在庫により、りんごジャムが2本入る場合もございます)

◯お届けまでの目安

ご注文から3日程度

◯お召し上がり方

ジュースはよく冷やしてお召し上がりください。

◯賞味期限

製造日より365日

ご注意点

  • ファームおまかせのジュースギフトとなります。季節により中身に変動がございます。
カートに入れる