目黒麹店

味噌職人・麺職人

目黒 大地
めぐろ だいち

只見町にある明治32年創業の目黒麹店で味噌と麺をつくる職人。高校まで只見で過ごし、仙台の専門学校へ。エンジニアとして横浜で7年間勤務した後、27歳で実家に戻り、家業に入る。「商品開発は苦手です」と笑うが、最近開発した南郷トマトラーメンは大ヒット。

今では幻、餃子の皮

新しい商品、いろいろチャレンジしてるんですけど、失敗もありまして

昔、餃子の皮とかもつくってたんですけど、手間がかかりすぎて、美味しいのは美味しいんですけどね

つくるのが大変で販売はやめてしまったんです。今でもお客さんから「餃子の皮ある?」って聞かれるんですけど…ないんです(笑)

只見は、やっぱ秘境ですね

この先もう集落も街も村もないんで福島県の一番奥地なんです

ここ秘境だったんだ、って専門学校で仙台に出た時に思いました

こんなところだから只見の人ってみんな真面目で、サボる人とか遅刻する人も、まあいないんですよ。それが仙台だといるんです「ああ、サボる人って本当にいるんだ」ってカルチャーショックでした

これからの時代は玄米

この辺りがうちの味噌で

糀がいっぱい入っていると甘口の味噌になります 

「生みそ」が12割「こだわりみそ」が15割で

「極みみそ」は18割


この「玄米美」っていうのは

2019年に県知事から表彰してもらったんですけど

玄米糀を原料にしてつくった味噌です


これからの時代は玄米でしょう、ということで

通常は糀室で糀つける時には白米を使うんですけど

これは玄米を使ってます

これからの時代はパソコン

私、当初は家業を継ぐようなことは全く考えてなくて

これからの時代はパソコンでしょう、ということで

専門学校行ってエンジニアになったんですね


7年ぐらいですかね医療系のプログラミングやってました

朝から晩までずっと1日中、画面見てっていう生活でした


今の仕事はガラっと変わって

体動かしてた方が、性に合ってるなって思います

今思えば、エンジニアは合ってなかったですね(笑)

今、戻れって言われても戻れない

07:00
起床・支度
07:30
朝食
※朝はパン
08:00
出社
08:30
開店
08:30
生麺製造・麹仕込 配達
12:00
昼食
※ラーメン、味噌焼きおにぎり
13:00
発送・製造
15:00
味噌仕込
17:30
事務作業
18:30
閉店
19:00
帰宅・夕食
20:00
ウォーキング
※奥さんと二人で
22:00
ECサイトの運営管理、事務作業
01:30
就寝
ある一日のスケジュール
One day's schedule

味噌職人であり

麺職人である

味噌職人であり

麺職人である

うちのメインは味噌と糀と

あとちょっと変な組み合わせなんすけど生麺をつくってます


目黒麹店は明治の32年に創業して今年で122年かな

私で7代目なんですよ

味噌づくりに使う糀を販売する糀屋だったんですけど

そのうち味噌の販売も始めて

麺は5代目のおじいちゃんが始めました


私は27歳の時に帰ってきて

それからずっと味噌と麺をつくってます

うちの麺

いろんなお店で出会えます

うちの麺

いろんなお店で出会えます

うちの麺、いろんなお店で使ってくれてます

あっちに只見スキー場ってのがあって、ロッジがあるんすけど

うちのラーメンとか味噌を使ってもらってます


只見町内だと、五十夢(いとむ)さんでも使ってもらってます

おかあさん2人で始めたらしいんですけど

ラーメン屋さんみたいな食堂やるのが夢で

50歳の時に夢が叶ったということで、五十の夢でいとむ


私も食べに行きますよ

おすすめは坦々麺です

エンジニア時代の名残

エンジニア時代の名残

これは私がセッティングした棚ですね

エンジニアっぽいですか?


確かにエンジニアの時は整理整頓してって

教育だったかもしれないですね


あっちのカレンダーもぴちっときれいに貼ってあるんですけど

よく見てください、あれ2020年ですからね

去年から変わってない

几帳面なのか適当なのか、どっちですかね?

休みの日は配達してます

休みの日は配達してます

「のこぎりのようにして働け」っていうのがじいちゃんの口癖で

例えば、会津若松まで出かけるんなら、行く時は商品積んで

帰ってくる時は車がカラになるから

今度はコメとか大豆とか原料を積んでこい、と

 

押し引き、どっちも切れるような仕事をしろってことなんです


それで育ってきたんで

毎週火曜日が定休日でどっか出かけるんすけど

車がカラの状態では行かないですね

味噌とかラーメンとか積んで配達してます

半煮半蒸がちょうどいい

今日は味噌の仕込みがないんすけど

大豆と塩とお米は地元の只見産で添加物を一切使用してないんです

うちの特徴は半煮半蒸しっていうんですけど、圧力鍋みたいなもので大豆を半分蒸して、半分茹でるっているつくり方なんです

全部蒸しちゃうと色が濃すぎるし、全部茹でてしまうと栄養価や旨味も茹で汁に逃げてしまうんで、いいとこ取りで。こだわりというか昔ながらの製法です

半煮半蒸がちょうどいい

必要に迫られてDIY

ものつくるの好きですね、DIYとかも好きで 

工場の中の棚とかは、全部私がつくりました

お店の中のカウンターもそうだし、このざるを載せてる脚も自分でつくってます 

趣味というか、必要に迫られてつくってるだけなんですけど、ははは

必要に迫られてDIY

モチモチ、つるつる

ここは事務所で発送とか事務作業してます

この裏が製麺工場でラーメンとかうどんとか素麺とか、あと年末だけ年越し蕎麦もつくってます

数種類の小麦をブレンドして練ってるんですけど、ひとつは福島県産の「ゆきちから」って小麦を使ってます

これが製麺機で、小麦に水を加えて練り上げて、こっちでこういう帯状にして

麺の太さに合わせて薄くのばして、この刃を通ると麺になって出てきます

福島って喜多方とか白河とか、水分量の多い太麺が主流なんすけど、うちはそれに比べてもっと水分量が多くて、食感としてはモチモチ、つるつるです

新婚旅行まだ
行ってないんです

この辺、ウォーキングのコースです

嫁さんと一緒に30分から1時間くらい、話しながら歩いてます。私ほとんど仕事しかしてないんで(笑)コミュニケーションが足りないだろうということで、一緒に歩いてます

結婚したのは去年で、まだ新婚です

嫁さんは山形の新庄出身で、こっから車で5時間か6時間。なので帰るときはもう覚悟を決めていかないと

休みとれたらヨーロッパとか行きたいですね、まだ新婚旅行に行けてないので

あっこがずっと桜の木なんですけど、ちっちゃい頃はここで花見したりしてましたね


ここの公園は子どもの頃からあってピクニックしたり、友達と滑り台したり

ブランコ乗ってみますか?久しぶりに

糀と麺は全く関係ありません

おじいちゃんが大阪で修行した時に、あっちで美味しい生麺と出会って、これを何とか地元の人にも食べてもらいたいってことで麺をつくり始めたんです、糀とは全く関係ないです

当時、周囲は大反対だったらしいです、ははは、当然ですよね、生麺なんかこっちの人たち食べたことないし

でも、今や味噌が6割、麺が4割くらいの売上になってます

行ったが最後

私みたいに地元戻って跡継ぐのは稀ですかね

同級生も元々人数少ないですけど、ほとんど地元から出てますね

1回やっぱ東京とか行っちゃうと、もう戻って来ない、行ったが最後ですね

ああ、ブランコ久々に乗ったな、大丈夫ですか?この絵(笑)

中学の部活は二択

部活は中学が卓球、高校はテニスやってました

生徒少ないんで、そもそも部活がなくて

中学の時は野球か卓球の二択、高校行くと多少選べるようにはなるんすけど、野球、卓球、テニス、パソコン部の4択。倍になるんですけど

プロフィール

目黒麹店 / 味噌職人・麺職人

目黒 大地(めぐろ だいち)

只見町にある明治32年創業の目黒麹店で

味噌と麺をつくる職人。

高校までを只見で過ごし、仙台の専門学校へ。

エンジニアとして横浜で7年間勤務した後、

27歳で実家に戻り、家業に入る。

「商品開発は苦手です」と笑うが

最近開発した南郷トマトラーメンは大ヒット中。

目黒 大地さんの商品(件)

只見生らーめんセット

通常価格
¥3,480(税込み、配送料込み)
通常価格
(税込み、配送料込み)
販売価格
¥3,480(税込み、配送料込み)

只見生らーめん
熟成生地と超多加水麺のモチモチ食感。福島県産小麦「ゆきちから」をはじめ、上質の小麦粉数種類を独自にブレンド。豊かな風味と強いコシを引き出します。手作り少量生産だから、他にはまねできないほどの超多加水麺ができます。独特のモチモチ食感を生み出します。スープは、太ちぢれ麺に負けない特製ラーメンスープ、しょう油味とみそ味の2種類です。


 

◯内容量

・只見生らーめん スープ付 10食 (しょう油5・みそ5)

◯お届けまでの目安

ご注文から3〜5日間程度

◯お届け方法

常温便

◯7大アレルゲン

小麦、卵

◯賞味期限

只見生らーめん:製造日より14日

カートに入れる

無添加 生みそ セット

通常価格
¥2,680(税込み、配送料込み)
通常価格
(税込み、配送料込み)
販売価格
¥2,680(税込み、配送料込み)

創業より120年余りの歳月に渡り継承、育んできた秘伝の製法を守り続けています。すべて国産・無添加の厳選された原料を使用し、米・大豆・塩それぞれの良さを引き立たせるよう、長年培った独自の配合と技術で仕込んだ自慢の味噌です。

 大豆のうま味と香りの力強さがある中辛口味噌です。お味噌汁などの汁物に調理するのにおすすめの味噌です。お塩は、瀬戸内海の海水を原料とした、ほどよくにがりを含みミネラル分の多い自然海塩を使用しております。

 

◯◯内容量

生みそ 800gカップ 2個

◯お届けまでの目安

ご注文から3〜5日間程度

◯お届け方法

常温便

◯7大アレルゲン

なし

◯賞味期限

製造日より180日

カートに入れる

奥会津 生めんセット

通常価格
¥4,980(税込み、配送料込み)
通常価格
(税込み、配送料込み)
販売価格
¥4,980(税込み、配送料込み)

■只見生らーめん
 熟成生地と超多加水麺のモチモチ食感。福島県産小麦「ゆきちから」をはじめ、上質の小麦粉数種類を独自にブレンド。豊かな風味と強いコシを引き出します。手作り少量生産だから、他にはまねできないほどの超多加水麺ができます。独特のモチモチ食感を生み出します。スープは、太ちぢれ麺に負けない特製ラーメンスープ、しょう油味とみそ味の2種類です。

■南郷トマトラーメン
 あっさり。なのにコク旨。南会津生まれのブランドトマト「南郷トマト」をスープにも麺にも贅沢に使用。ダブルトマトの豊かな味わいが口いっぱいに広がります。スープのベースは、1日100本限定生産の南郷トマトジュース「夏秋」。その風味を最大限に引き立たせるためシンプルな塩味で仕上げました。最後の一滴まで飲み干したくなる豊かな味わいです。
麺を食べ終わった後は、ご飯とチーズを入れてトマトリゾットもおススメです。

 

◯内容量

・只見生らーめん スープ付 6食 (しょう油3・みそ3) ・南郷トマトラーメン 2食入(スープ付) 3個

◯お届けまでの目安

ご注文から3〜5日間程度

◯お届け方法

常温便

◯7大アレルゲン

小麦、卵

◯賞味期限

只見生らーめん:製造日より14日 南郷トマトラーメン:製造日より35日

カートに入れる